佛教大学レポート 教育社会学【S0106】第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数96
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べてください。
    学力低下の根本的な原因は、つまり「学習する習慣」の欠落である。では、なぜ「学習する習慣」が失われたのか、さまざまな要因の例を挙げてみたいと思う。
    しつけ力の低下
    しつけがなっていないから我慢することができない、裏を返せば自分を厳しく律することができないのである。きちんとした凡事徹底こそが学力をつける第一歩である。
    子供を誘惑する「遊び」の多様化
    昔と違って今では、テレビ、漫画、ゲーム等、子供を誘惑する遊びが多様にわたっている。難しくて苦しい勉強より、楽しいゲームに興味を向けるのは必然的である。この結果、日本社会は勉強する少数の集団と、勉強をしない多数の集団のニ極化となる。
    日本の豊か化
    現在の児童たちは生活が豊かになった反面、ハングリー精神が損なわれてしまったように思われる。つまり、特に努力しなくても人並みの生活ができるし、当面はバイトやフリーターで過ごしていける環境に社会が形成されているのである。一昔前では、豊かな生活をして過ごしていくためには勉強するしかなかった。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。