佛教大学レポート 社会科教育法【S0617】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数171
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成20年版学習指導要領における社会科改訂の基本方針とそのポイントを説明しなさい。そして、第3学年~第6学年の単元から任意で1単元を選び、その単元で理解させたい内容を詳細に述べなさい。さらに、そのような内容を理解させるために何を用いて(教材)、どのように指導するのかを説明しなさい。
    将来の社会を担う子供たちに、新しいものを創り出し、よりよい社会の形成に向けて社会に積極的に参加し、課題を解決していく力を身につけることが求められている現在において、そのために必要な公民的資質の基礎を養うために社会科改訂がなされた訳であるが、充実すべき改善事項として、言語活動、理数教育、伝統や文化に関する教育、道徳教育、体験活動などの充実が指摘された。その中でも私が一番共鳴を受けたのは体験活動の充実である。なぜなら、現在の子供たちは社会に積極的に参加し、課題を解決していく力を身につけることが求められているからだけでなく、体験活動をすることにより、自分と向き合い、他者に共感することや社会の一員であることを実感して、思いやりの心や模範意識がはぐくまれるからである。また、ポイントとしては社会科の授業において表現する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。