整流回路

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数445
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    整流回路
    1.目的
     本実験ではダイオードの整流作用を利用した交流から直流への変換方法である電源回路の構成を知る.特にダイオードを用いた整流回路と平滑回路の特性を理解する.
    2.原理
     医療機器で用いられる電源の多くは,交流電圧100Vを必要な大きさの直流電圧に変換して使用している.交流から直流へ変換する流れをFig2-1に示す.
    Fig.2-1 交流→直流の構成
    3.使用機器
    本実験で使用した機器をTable 1に示す.
    Table 1 実験使用機器
    機器
    メーカー
    型番
    製造番号
    オシロスコープ
    TEX10
    DCS-7510
    15123001
    発振器
    GWINSTEK
    GAG-810
    EJ883813
    デジタルマルチメータ
    CUSTOM
    CDM-17D
    0560010098/00030080
    ブレッドボード
    shunhayato
    SRH-32
    3332945
    抵抗(1k,10k,100k)



    コンデンサ(0.010µF,0.1µF)



    Si ダイオード×4



    発光ダイオード×5



    4.実験手順
    4-0.LEDのI-V特性
    (1)R=1kΩとし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。