血圧と心拍数

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数832
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    血圧と心拍数
    1.目的
     血圧や心拍数は循環動態,すなわち循環抵抗の情報を与えてくれる基本的なものである.今回の実験では息こらえやバルサルバ動作,寒冷などの刺激によって血圧や脈拍にどのような変化がみられるかを調べ,その変化をみる受容器や循環動態の調整に関する仕組みについて考察する.また,日常動作が循環動態に与える影響についても考える.
    2.方法
    2-1使用機材
    ・シチズン電子血圧計(CH-43313)
    ・バット
    ・氷
    2-2.息こらえ中の心拍数と血圧
    ①被験者は座位で左側に血圧計を装着した.
    ②測定者は被験者の右手首の脈拍数を15秒間測り,それを4倍し1分間の脈拍数を記録した.
    ③測定者は被験者の息こらえ前,息こらえ中,息こらえ後の血圧と心拍数を測定した.
    ④被験者は呼吸をできるだけ長い間停止した.息こらえが終わったら,被験者は正常の呼吸に戻した.
    2-3.バルサルバ試験による心拍数と血圧の変化
    ①被験者は座位で左側に血圧計を装着した.
    ②測定者は被験者の右手首の脈拍数を15秒間測り,それを4倍し1分間の脈拍数を記録した.
    ③測定者は被験者のバルサルバ動作前,動作中,動作後の血圧と心拍..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。