明星大学 法学2 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数166
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 小学校教員コースのレポートです。「優」の評価をいただきました。よかったら参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題
    議院内閣制の特色
    地方自治の意義
    1.議院内閣制の特色
    日本国憲法では、第66条第3項の定める内閣の連帯責任、第63条の国務大臣の国会への出席の権利と義務、内閣総理大臣は国会議員の中から国会の議決で指名され(第67条第1項)、国務大臣の過半数は国会議員でなければならず(第68条第1項)、また衆議院は内閣に対して不信任決議を行うことが認められ、内閣は衆議院は解散できる(第69条)などの規定にもある通り、議院内閣制を採用している。議院内閣制とは、内閣の存在を議会の信任に依存させる制度である。
    権力分立国家において、最も広く一般的に用いられているのは、内閣制だ。内閣制にも超然内閣制と議院内閣制の2種類がある。超然内閣制は、君主制のもとで内閣が国民の代表機関である議会と無関係に存立し、議会に対しては責任を負わない。君主の信任によってその進退を決する。これは、専制君主制から近代議院内閣制への過渡期である、19世紀のドイツ諸国に見られた制度である。これに対し、議院内閣制はイギリス憲政史の発達とともに漸進的に形成されてきた。国王の権力の衰退と議会の勢力の拡大の中で、元来国王の枢密院から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。