明星大学 特別活動の指導法 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数140
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 小学校教員コースのレポートです。「優」の評価をいただきました。よかったら参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題
    1.学級活動のねらい(特質)についてまとめなさい。また、学級活動の内容としてあげられている次の(1)、(2)の二つについても、あなたならどのように展開するかを解説しなさい。
    (1) 学級や学校におけるよりよい生活づくりに関すること。
    (2) 日常の生活や学習への適応及び健康安全に関すること。
    2.児童会活動、クラブ活動(部活動も含む)、学校行事、それぞれのねらい(特質)とその指導上の留意点について述べなさい。
    児童の学校生活においては、現行の学習指導要領に定められているとおり、①各教科②道徳③外国語活動④総合的な学習の時間⑤特別活動、の5領域それぞれが有機的に連動していくことにより、教育目標達成のための様々な活動がされなければならない。本レポートではそのうち、特別活動におけるねらいと特質、指導上の留意点を〔学級活動〕、〔児童会活動〕、〔クラブ活動〕、〔学校行事〕の4つの内容ごとに分けて述べることとする。
    1.学級活動のねらいと指導上の留意点
    学級活動は、その活動を通して目標をもち、学級の一員としてより良い生活を築くために、役割や責任を果たし、生活や学習に関する諸問題につい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。