明星大学 情報リテラシーa 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数158
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 小学校教員コースのレポートです。「優」の評価をいただきました。よかったら参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題
    インターネット社会の光(良い点)と影(悪い点)について調べ、その影をなくすための解決策について述べよ。
    インターネット社会の光と影
    「インターネット」と「教養」。現代を生きて行く上で、どちらも手放すことのできない重要なものである。今日のインターネット社会の発展は、私たちの日常生活に大きな影響を与え、変化をもたらしてきた。今や政治、経済をはじめ、教育、文化、福祉医療など、様々な分野において必要不可欠なツールとなっている。
    このインターネットだが、私たちが教養を学ぶという点から見ると、どのような役割を果たしているのだろうか。逆に、教養を深く学びたいと考えた時、インターネットの高い利便性が、学びの妨げになっていることはないだろうか。本レポートにおいて「インターネット社会の光(良い点)と影(悪い点)」を論じるにあたり、私は「教養」というキーワードを通じて、以下に考えを示していくこととする。
    私たちが教養を学んでいく上で、インターネット社会がもたらした最大の光の部分(良い点)の一つは、「いつでも、どこでも、多様な媒体へのアクセスが可能となった」点であろう。
    例えば、インターネットで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。