明星大学 児童心理学 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数202
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 小学校教員コースのレポートです。「優」の評価をいただきました。よかったら参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題
    子どもの自尊感情に与える親の養育態度と学校の影響について説明しなさい。
    子どもの自尊感情に与える親の養育態度および学校の影響とは
    自尊感情とは、「人が自分の自己概念と関連づける個人的価値および能力の感覚ー感情ーである」(遠藤辰雄、1992)と定義されている。この自尊感情は、児童期以後の自己概念の形成過程において中心的な役割を果たす。さらに、自尊感情には年齢的変化が見られ、とくに小学校高学年から中学期にかけて、相対的に低くなる傾向にあると言われる。この時期において、友だちと自分との客観的対比や、自己の理想と現実の差が正確に判断できるようになるためだ。
    自尊感情の高い青年は、自分の能力を相対的に高く知覚し、課題に意欲的に取り組む構えを持っているともいわれる(Kerins,M.,1995)。親、教師など周囲の大人たちは、子どもが否定的な自尊感情を持たずに児童期を過ごせるよう配慮していくことが大切である。以下に、親や学校(教師)が子どもの自尊感情に与える影響についてを詳しく示す。
    子どもの自尊感情の形成において、親の養育態度は大きく影響する。クーパースミス(1967)によって行わ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。