明星大学 児童・進路指導論 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数218
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 小学校教員コースのレポートです。「優」の評価をいただきました。よかったら参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題
    学級における児童同士、児童と教師の人間関係づくりと「自己指導能力」の関係について述べなさい。それを踏まえて、担任としてどのような点に気をつけ、学級経営を行えばよいか考えをまとめなさい。
    学級における人間関係づくりと自己指導能力、および学級経営について
    学級経営を行ううえで最も重要なポイントをあげるとすれば、①学級における人間関係づくり②児童の「自己指導能力」の育成の2点があげられるだろう。本レポートでは、この2つのポイントについて説明した後、担任として、どのような学級経営を行えばよいかについて言及する。
    ①学級における人間関係づくりについては、以下の通り、2つの視点から考えられる。
    (1)児童同士の人間関係づくり
    児童が発達、成長して行く段階においては、教師や親よりも、仲間との交流を通してさまざまな影響を受けることが多い。また、仲間が一丸となって起こす力も非常に大きなものである。この成長段階における人間関係において形成されるフィルターは、その後の児童の成長に大きな影響を及ぼす。
    学校教育ではこの点を考慮した、さまざまな集団活動の場を提供し、児童の成長にとって適切な学びを促..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。