明星大学 初等国語科教育法 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数455
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 小学校教員コースのレポートです。「優」の評価をいただきました。よかったら参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題:
    今、どのような指導法が求められているか。歴史的な経過や小学校学習指導要領の構成に留意して自分の考えをまとめましょう。
    国語科教育においていまどのような指導法が求められているか
    国語科教育130年の歴史的経過を踏まえ、現在、社会の変化に適応した新しい国語科教育が求められている。新しい国語科教育とは、言語活動を通して、自ら学び、国語の知識や技能を習得し、思考力、想像力、表現力を伸ばし、読書等を通して自ら学び探求していく意欲や態度を養うことである。これらを実現するために、いま求められる指導法の一つとして、私は、新聞活用学習(Newspaper In Education、以下NIE)を取り上げたい。新学習指導要領にある「指導計画の作成等に当たって配慮すべき事項」と、OECD生徒の学習到達度調査の求める学力観という観点から、NIEの取り組みの重要性について、私の考えを以下に述べる。
    新聞購読の習慣を持つことは、日本語力の向上につながる。新聞の文章は、実用的な日本語の語彙をほとんど賄っているからだ。実際に、新学習指導要領においても、新聞の活用は新たに盛り込まれている。小学5、6年国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。