明星大学 初等図画工作教育法 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数296
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 小学校教員コースのレポートです。「優」の評価をいただきました。よかったら参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題:
    1.テキスト内の「図画工作科教育の意義と目的」(第1章)について、1,000 字程度に大意要約せよ。
    2.テキスト内の「学習指導案の作成について」(第3章内)の「1 教材研究に基づく学習の構想」から「2 指導案に必要な記述事項」までを、1,000 字程度に大意要約せよ。
    「図画工作科教育の意義と目的」および「学習指導案の作成について」
    1.図画工作科教育の意義と目的
    当教科における意義や目的の把握のために基本的な命題を掲げるとすれば、次の2つがあげられる。
    ・造形的な表現活動とはいかなるものか
    ・指導可能なこととは何か
    である。「意義」においては前者を中心に解説し、「目的」においては後者を中心に学習指導要領との関連を図ることとする。
    ●造形的な表現活動とはいかなるものか
    造形的表現活動とは、共通の形式的媒介である物的材料に人為的加工を加え、そこに幻影を見いだし与えることである。さらに、物的材料に人為的加工を加えることにより、それまでになかった新たな構造を与え、新たな機能を引き起こすことである。
    また、対象物を見ることのうちに起こる直感的真実を、その有形無形を問わず、物的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。