S0751 学校経営と学校図書館 過去問解答例

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数62
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2018年度対応の最新の資料です。85点 A評価でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0751 学校経営と学校図書館 過去問解答例
    [63][71] アメリカのメディアスペシャリスト、日本の司書教諭・学校司書の違いを説明したうえで、日本の学校図書館の課題に
    ついて述べなさい。
    (教科書:P.67~P.77)
    学校図書館メディアスペシャリストとは、学校図書館メディア・
    プログラムの立案から管理運営・評価までを担う。彼らは、教育者で
    あり、また教師の支援者であり、多種多様な情報形態を熟知した情報
    スペシャリストでもある。
    立案に関しては、メディア・センター運営のための3年、5年、10年といった中・長期計画を策定していくことが求められている。
     運営に関しては、その学校全体の教育全体を見渡した、カリキュラムの指導者となり、教師がおこなう授業の実施を助け、異なる学年・教科の展開など、教育サービスの深化・多様化を導く役割がある。
     日本と同様に、アメリカにおいてもメディア・スペシャリストと教師のかかわりは、一様ではない。求められた主題資料の提供をする「協力」のほか、教師や児童生徒がメディア・センターを最大限に利用できるよう教育目標や計画の共通理解を推進し、スケジューリングする「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。