Z1001 【2013年度レポート】 日本国憲法(A判定合格済)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数826
ダウンロード数50
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育学部
    Z1001 日本国憲法 2013年度対応
    第1設題:法の下の平等について。
    のレポートです。主に課題指定テキストからの作成となっており、簡単に内容についてまとめています。
    今年度も同様の課題及び教科書です。是非参考にしていただき、レポート作成に役立ててください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
     法の下の平等について
     法の下の平等は、日本国憲法14条1項において「すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において差別されない。」という形で規定されており、国民一人一人が国家から差別されず平等に扱われる権利を保障し、国家には個人を差別しないという憲法上の原則のことである。また、人権の歴史において、自由とともに基本的人権の最高目的とされてきたものである。
     人間平等の理念は、個人の尊厳の原理の当然の表れであるが、近代的な諸要因、特に人間生来の平等を主張する近代的自然法思想、神の前におけるすべての人間の平等を説く近代的宗教思想、平等価値の実現を目標とする近代民主主義等を背後に受けて、法の下の平等は近代憲法に受け入れられている。それは、近代憲法の不可欠の部分といえる。勿論、旧来の慣行や偏見は平等権の実現の障害となることが多いが、近代は、平等権の確保のために歩みを進めてきた。明治憲法も平等権を無視しておらず、公務に就任する資格の平等を明示していた(19条)。しかし、そこでは平等原則は必ずしも十分に実現されず、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。