S0541 【2013年度レポート】教育相談の研究(中・高)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数325
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育学部
    S0541 教育相談の研究(中・高) 2013年度対応
    第1設題:学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
    主に課題指定のテキストからの作成となっており、簡単に内容についてまとめています。今年度も同様の課題及び教科書です。大いに活用し、リポート作成から学習へと役立てていただければと思っております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
     学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
     教育現場おいて、不登校・いじめ・非行等の学齢期にある子どもたちが起こす様々な問題に対して、学校カウンセリングの役割や必要性が重要視されるようになってきた今日である。まず、学校カウンセリングとは何かについて明確にし、それを踏まえて各種指導との関連について述べていくことにする。
     一般的な意味でのカウンセリングとは、人が日常生活を営む上で生じる何らかの心理的悩みに対して相談や指導をするということである。人の抱く悩みは、社会構造が複雑になればなるほど、その内容も複雑になり、それを分類する方法も色々な視点から可能となる。ここでは、カウンセリングという視点から悩みの内容を分類すると、「①人生において誰しもがもつ悩み」、「②誰もがもつ可能性のある悩み」、「③神経症(ノイローゼ)による悩み」といった、三つに大別することができる。①は、人が成長し、大人となる過程において、誰しも解決しなければならない色々な問題にぶつかり、その際に生じる悩みのことである。例えば、進学や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。