S8101 【2013年度レポート】 教育原論1 (A判定合格済)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数381
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育教育学部
    S8101 教育原論1 2013年度対応
    第1設題:ハウィガーストの発達課題について述べよ。
    についてのレポートです。課題指定テキストからの作成となっており、簡単に内容についてまとめています。
    是非参考にしていただき、レポートをご作成ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
     ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    発達は、順序性や連続性に従って起こる停止する事のない一定の型・規則に基づく連続的な変化であり、その発達の過程は画一的ではなく、幾つかの纏まりのある「段階」に分ける事ができる。発達が進行する中で確認できる顕著な特徴を基準にして、発達の過程を幾つかの段階に分けて分類したものを「発達段階」という。発達段階は、各段階において他の段階と質的に明確に区分する事ができて、各段階は一旦その段階に発達すると逆戻りする事はない。つまり、発達は特別な病的状態を除いて、不可逆的であるといえる。
    そして、「発達課題」とは、人間には発達に応じた課題があるという事を意味する。つまり、生涯発達図式において一定の発達年齢で達成しておくべき課題を発見・定義する事があり、こういった各年齢段階における心理的・社会的・対人的な課題の事を「発達課題」というのである。発達課題という考えは、アメリカの教育学者ハヴィガーストが著した『人間の課題発達と教育』において、積極的に述べられている。つまり、彼がこれにおいて人間の発達課題を体系的に論理化し、教育を結び付けて考察を深めている事が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。