S0539 【2013年度レポート】 道徳教育の研究(中) (A判定合格済)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数418
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育学部 
    S0539 道徳教育の研究(中) 2013年度対応
    第1設題:道徳教育の意義について述べよ。
    についてのレポートです。
    主に課題指定テキストからの作成となってますので、簡単に内容についてまとめています。

    今年度も同様の課題及び教科書です。是非参考にしていただき、レポートをご作成ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
     道徳教育の意義について述べよ。
     道徳とは、人間の生き方を示すものであり、古今東西多くの偉人たちによって説明されてきたものである。また、道徳とは何かについて辞典ではどのように規定されているかについて述べる。大辞林では「ある社会で、人々がそれによって善悪正邪を判断し、正しく行為する為の規範の総体。法律とは違い外的強制力としてではなく、個々人の内面的原理として働くものをいい、また宗教と異なって超越者としての関係ではなく人間相互の関係を規定するもの」と述べられており、また、広辞苑では「人のふみ行うべき道。ある社会で、その成員の社会に対する、あるいは成員相互間の行為を規制するものとして、一般に承認されている規範の総体。法律のような外面的強制力を伴うものでなく、個人の内面的なもの」と述べられており、法律により拘束されないが、人間としての生きる道であり、人それぞれの内面の中に存在するものである。しかし、日高六郎は「道徳は社会規範」の一つであり、それは社会的一般化し、是認され、ある程度強制されるものであるとしている。それゆえ、道徳には、個人の自発性に支えられている部分と、社会から強制され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。