東洋大学 経済原論 単位認定試験

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数258
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。

    参考文献リスト付きです。
    リポート作成時の参考にしていただけると思います。

    平成25年度 東洋大学通信教育課程
    「経済原論」単位認定試験
    評価:「B」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成25年度 東洋大学通信教育課程
    「経済原論」単位認定試験
    試験問題:デカップリング政策と低炭素社会について詳細に説明した上で、日本は環境立国を目指す必要があるか、テキストの記述を参考にしつつ、自らの意見を論じなさい。
    化石燃料は電力や動力などのエネルギーをうみだしたり、プラスチックや衣類などの加工品などを生み出したりと、経済活動とは切っても切り離せない関係がある。このように化石燃料に頼った社会を高炭素型社会という。
    高炭素型社会は経済成長し、経済規模が大きくなればなるほど化石燃料の消費量とそれに伴う二酸化炭素の排出量が増加する。このような経済成長と化石燃料の比例関係をカップリングという。
    しかし、石油の枯渇が危惧される昨今、鉱物資源は限りあるものであり、二酸化炭素も温室効果ガスとして地球温暖化の原因として環境に甚大な影響を与えている。地球の限界が見えつつある昨今、このような化石燃料に頼った経済成長は転換しなければいけない。
    日本は3.11の大地震まで化石燃料の代替えエネルギーとして原発推進の政策を進めてきたが、原発の安全神話は崩れ、使用済み核燃料の処理問題も顕在化した今、国家は太陽..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。