東洋大学 政治学原論 課題2

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数369
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。

    参考文献リスト、先生からの評価コメント付きです。
    リポート作成時の参考にしていただけると思います。

    平成25年度 東洋大学通信教育課程
    「政治学原論」課題2
    課題:「選挙制度、政治制度、政党制の関連」について述べなさい。その際、以下の点にふれる形で述べること。
    1、選挙制度と政治制度の関連性
    2、選挙制度と政党制

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成25年度 東洋大学通信教育課程
    「政治学原論」課題2
    課題:「選挙制度、政治制度、政党制の関連」について述べなさい。
    1、選挙制度と政治制度の関連性
     議会の選挙は、その議会に期待されている機能によって適切な選挙制度が違ってくる。例えば、日本の議員内閣制においては、「立法の機能よりも、安定した政府(内閣)の創出がより重要」であるので、多数代表制の小選挙区制が最も望ましいと考えられる。もしこれが大統領制の国であれば、大統領は議会とは別に選ばれるので、必ずしも多数派が与党である必要はない。特にアメリカにおいては、政党が党議によって議員を束縛しないので、大統領は必要に応じて議会工作を行えばよいのである。
     一方、議院内閣制は、「議会の多数派が与党となって、法案を提出し、議決していくことで政治を運営するシステム」であるから、与党は党議で議員を拘束しなければ法案可決の見通しもつかなくなってしまう。日本は二院制であるから、衆議院の優越であるものの、与党は参議院についても衆議院と同様に、多数派である必要がある。日本の参議院は諸外国の上院よりも強力な権力を有しており、与党は参議院でも安定した基盤..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。