東洋大学 国際経済論 課題2

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数181
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。

    参考文献リスト、先生からの評価コメント付きです。
    リポート作成時の参考にしていただけると思います。

    平成25年度 東洋大学通信教育課程
    「国際経済論」課題2
    課題:国際貿易体制の変遷についてまとめなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成25年度 東洋大学通信教育課程
    「国際経済論」課題2
    課題:国際貿易体制の変遷についてまとめなさい。
     GATT(ガット)は「関税と貿易に関する一般協定」の略で、1930年代の世界恐慌時に世界の主要国の経済がブロック化し、世界的不況が長引いたことの反省から、第二次世界大戦後の1948年から、アメリカやイギリスが中心になって作り上げた国際協定のことである。事務局はスイスのジュネーブにおかれ、1993年時点で103か国が参加している。
     GATTの制度は、「関税の引き上げ禁止、輸入数量割当・輸出補助金などを禁じ、最恵国待遇を互いに認め合う」ことを原則とし、自由な貿易や関税の引き下げを目指したのである。発展途上国はGATTのルールの適用外にあるものの、先進諸国はGATTのルールに従う義務を有していた。
     そして、そのGATTが担った機能で最も注目すべきなのが、多国間(多角的)交渉であった。多国間交渉とは、GATTのメンバ国をある一定期間に集中的に集め、「関税率の引き下げや撤廃、その他の貿易政策について交渉」を行わせるものであった。多国間交渉は、「多数の国が一堂に会して関税の引き下げを交渉..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。