東洋大学 経済原論 課題3

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数108
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。

    参考文献リスト、先生からの評価コメント付きです。
    リポート作成時の参考にしていただけると思います。

    平成25年度 東洋大学通信教育課程
    「経済原論」課題3
    課題:次の三つの項目すべてについて合計3000字以内でまとめてください。
    (1)自由貿易のメリットを説明した上で、現実には保護主義的傾向が強いのか1200字程度で説明しなさい。
    (2)当面の最大の円高要因について600字程度で説明しなさい。
    (3)日本人や日本の企業がアメリカから株や債券を買うと円安になるのはなぜか1200字程度で説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成25年度 東洋大学通信教育課程
    「経済原論」課題3
    課題:次の三つの項目すべてについて合計3000字以内でまとめてください。
    (1)自由貿易のメリットを説明した上で、現実には保護主義的傾向が強いのか1200字程度で説明しなさい。
     GATTは「関税・貿易一般協定」の略で、その理念は多国間主義・無差別主義である。「つまり、貿易取引のルールを加盟国すべてに平等に与えあうことで、世界貿易を促進しようというも」である。また、「ブレトンウッズ体制はIMFと世界銀行を中心に為替安定と途上国への資金援助を通じて金融面から世界経済の発展を推進する枠組みである」。「IMF=GATT体制の下で自由貿易が強く打ち出された50年代、60年代は世界貿易がかつてないテンポで拡大し、世界経済も未曾有の発展を遂げた」。世界経済がかつてないペースで発展し、「自由貿易こそ善」であるとしんじられたのである。
     第二次世界大戦後は唯一の戦勝国であったアメリカが「IMF=GATT体制を基盤に自由貿易主義をみずから実践した時代」であった。アメリカは農産物から工業製品、金融やサービス分野にいたるあらゆるものを輸出した。同時に戦..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。