東洋大学 経済原論 課題2

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数96
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。よくまとめられていると評価いただきました。

    参考文献リスト、先生からの評価コメント付きです。
    リポート作成時の参考にしていただけると思います。

    平成25年度 東洋大学通信教育課程
    「経済原論」課題2
    課題:次の三つの項目すべてについて合計3000字以内でまとめてください。
    (1)「直接金融」と「間接金融」について600字程度で説明しない。
    (2)銀行の不良債権問題と経済に対する影響について1200字程度で説明しなさい。
    (3)金融ビッグバンと将来のあり方について1200字程度で説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成25年度 東洋大学通信教育課程
    「経済原論」課題2
    課題:次の三つの項目すべてについて合計3000字以内でまとめてください。
    (1)「直接金融」と「間接金融」について600字程度で説明しない。
    個人や企業の預金などのお金は、銀行などの金融機関に資金として集められ、個人や企業に融資されることで循環している。これを「間接金融」という。
     資金の出し手には主に、家計(自営業を含む)、非金融法人(政府系企業を含む)、一般政府(社会保障基金を含む)の3つがあるが、実に半分以上は家計が占めている。家計の内訳を見てみると、預金、証券、保険・年金の3つに分けられるのだが、中でも預金が半分以上を占めており、このことは日本の家計の資産運用の特徴だという。
     こうして集められた資金は、預金取り扱い機関(銀行、郵便局など)、保険・年金基金(保険会社、企業年金などの年金基金)、その他金融仲介機関(投資信託、ノンバンクなど)の3つの金融仲介機関によって運用される。
     金融仲介機関に預けられた預金は、家計、企業、一般政府に融資されたり、「それらが発行している株式や債券(日本政府の場合は国債)の購入に充てられる」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。