明星大学通信教育 2013・2014年度  教育の制度と経営【PA1030】2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数136
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2.家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。

    1については、学級経営について書きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育 2013・2014年度  教育の制度と経営【PA1030】2単位目
    1.学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    学級経営は、学校経営の基本的方針のもとに、教師が学級を単位として、一定の理念に基づき展開する組織的な計画的実践の総体のことである。学級の担当教諭は、新年度から新たな生活・学習集団として、学校の教育目標や学級目標および、現代の教育目標である「生きる力」を育ませるための共同的な学び合いができるような集団へ発達させるための学級経営を行わなければならない。主な内容として、①子どもおよび学級集団構造の理解、②学級生活の設計と集団の形成・維持、③学習環境の整備、④コミュニケーションの促進、⑤トラブルの処理、⑥学級経営の評価などが挙げられる。
     
    今日の学級経営をめぐる課題の1つに不登校の問題がある。不登校の生徒児童は年々増加している傾向にあり、不登校児童生徒の在籍学校数は全国でおよそ6割である。(文部科学省 不登校への対応について)このことから、不登校はどの学校にも起こると言っても過言ではない。不登校となった直接..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。