明星大学通信教育 2013・2014年度  教育の制度と経営【PA1030】1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数134
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.日本における教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2.各国の教育制度の中から一つ取り上げ、公教育制度の発展について教育行政と関連して論述せよ。

    1については、PISAと全国学力調査
    2については、アメリカの教育制度
    について書きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育 2013・2014年度  教育の制度と経営【PA1030】1単位目
    1.日本における最近の教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    PISAと全国学力調査
    今日の社会では「生きる力」を必要とする。変化の激しい社会では、(1)「確かな学力」基礎的な知識・技能を習得し、それらを活用して、自ら考え、判断し、表現することにより、様々な問題に積極的に対応し、解決する力、(2)自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心などの「豊かな人間性」、(3)たくましく生きるための「健康や体力」の調和した発達が必要とされる。ゆとり教育は、この「生きる力」や「考える力」の重視に象徴されるように、主体的な学習環境と創造的能力を養うための教育用語として使用されてきた。従来の教育目標は、知識の獲得に力を入れすぎて、児童・生徒たちの創造性、批判的思考力といった他の重要な面を犠牲にしているのではないか、という批判が高まったため、新たにPISAと呼ばれる国際的な学習到達度指標が考案された。このPISAで問われる思考力や応用力は、「総合的な学習の時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。