明星大学、道徳教育の指導法(中学校)、合格レポート、2014年度課題、1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数416
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度の課題です。参考までにどうぞ!!!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の指導法(中学校) 1単位目
    (1)「道徳教育」と「道徳の時間の指導」の関連及び実際の指導の際に留意すべき事項について述べよ。 
    道徳教育とは学校の教育活動の全体を通じて行うものである。したがって、時間割上に位置付けられる「道徳の時間」との重なりや違いをつかんでおく必要がある。その関係については中学校の学習指導要領「第1章総則」の第1の2において、「学校における道徳教育は,道徳の時間を要として学校の教育活動全体を通じて行うものであり,道徳の時間はもとより,各教科,外国語活動総合的な学習の時間及び特別活動のそれぞれの特質に応じて,生徒の発達の段階を考慮して,適切な指導を行わなければならない。」と示されている。このように、道徳の時間は、ひと言で言うならば道徳教育の中核的な役割とも言うべき「要」としての位置付けがある。学校では様々な教育活動が展開されるが、道徳の時間はそれらの活動の心を育てる部分にかかわって中心的な役割を果たさなくてはならない。広く豊かな心にかかわる教育として「心の教育」があり、その基盤として道徳性を育む「道徳教育」が位置付けられ、その「要」として「道徳の時間」が内面..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。