明星大学、英語科教育法2、合格レポート、2単位目

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数270
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    英語科教育法2の合格レポートです。参考までにどうぞ。課題は2014年度のものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語科教育法2 2単位目
    レポート課題
    次のア、イにそれぞれ400字程度で答えなさい。
    skimming と scanning の違いをまとめ、授業での具体的なリーディング活動の例を示しなさい。(テキスト6,8章参照)
    skimmingは「斜め読み」「飛ばし読み」の手法である。その意義は「概要を掴む」ことにある。あまり細かな部分を読むのではなく、題名と挿し絵等から全体の主題を想定したり、5W1Hの表す焦点をもとめたりする。Scanningは特定の情報を得るために読む手法である。skimmingが「全体の概念」を捉えるのに対し、scanningは「特定の情報・概念」を求める手法である。具体的なリーディング活動の例を挙げる。まず何もテキストに関する情報を与えずにリーディングさせ、英文に書かれている内容を把握させ要約させる。(skimming)この時5W1Hを表す部分には赤線を引かせる。次に、予め用意していた質問事項を提示した上で、再びリーディングをさせ、質問の答えを探させる。(scanning)このように目的別にskimmingとscanningとを使い分け、リーディング能力の向上を図って..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。