英米文学2、2単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数284
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。参考までにどうぞ。
    課題
    教科書に引用されている次の1)〜6)の抜粋なかから2問選択し、それぞれ日本語1000 字程度で鑑賞せよ。
    1)Hamlet(pp. 49-52)
    2)Gulliver’s Travels(pp. 103-06)
    3)Letter to Lord Chesterfield(pp. 130-34)
    4)The Solitary Reaper(pp. 172-75)
    5)Jane Eyre(pp. 251-53)
    6)The Apple Tree(pp. 313-16)

    1と6を選択しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハムレットはシェイクスピアによって描かれた、四大悲劇の一つである。正式名称は「デンマークの王子ハムレットの悲劇」(The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark)である。ハムレットの概要は以下のとおりである。ハムレットはデンマーク王の息子であり、ある日デンマーク王が急死する。デンマーク王の弟(ハムレットの叔父にあたる)クローディアスが、母のガートルードと再婚する。ある日父の亡霊が現れ、ハムレットは父の急死の原因はクローディアの毒殺によるものだと知り、復讐を誓う。やがて、ハムレットは暗殺の証拠を手に入れ、クローディアスを殺すつもりが、誤って内大臣ボローニアスを刺殺してしまう。ポローニアスの娘であり、ハムレットの恋人であるオフィーリアは悲しみのあまり狂い、溺死してしまう。ポーニアスの息子レアティーズは父と妹の仇を討つことを決心し、王クローディアスと結託し、ハムレットを剣術の試合に誘い、毒剣と毒入りの酒を使って殺そうとする。しかし王妃ガートルードが毒入りの酒を飲んで死んでしまい、ハムレットとレアティーズは試合の最中に両者とも毒剣で傷を負ってしまう。死にゆくレ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。