【明星大学】初等教育方法学1単位目【合格レポート】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数196
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・設問

    1系統学習と問題解決学習の長所・短所を整理し、比較検討しなさい。

    2次の語について、それぞれ調べなさい。

    (1)情報活用能力(2)絶対評価(3)生きる力


    ・レポートに書き写しやすいよう、実際のレポートと同じ縦横15×25マス形式で作成されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1系統学習知識や技能を系統的に順序よく教授し、的確に習得させる事をめざしている。知識を易しいものから難しいものへ体系的に教授するのである。
     長所としては短時間に多人数の学習者に共通の学力や知識を育成できる点にある。そのため、同学齢の学習者を集めた学校などの一斉学習に適している。また、教材の配列が系統的に教科書等により示されており、教師側が題材を選択する必要もなく、教師の負担も軽減できるという点がある。一方、それ故に詰め込み教育と化してしまい、学習者の思考や個性を育てないという短所もある。興味を持てない学習者は取り残されてしまい、落ちこぼれる可能性を生むからだ。
     続いて問題解決学習であるが、これは学習上の課題を問題として設定し、その問題を学習者の主体的な活動によって解決に導くという方法である。課題を解決していく課程で、思考力・判断力・洞察力などが育成され、同時に解決の方法自体も学ぶ事になる。 
     この学習方法の長所は、学習者に生きて働く知識や認識を深化させ、社会を変革するような力を育成することが可能となる点にある。自身の目を通して認識した問題を解決する課程で、多種多様な推測を繰り返し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。