【明星大学】児童心理学2単位目【合格レポート】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数202
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・設問

    子どもの自尊感情に与える親の養育態度と学校の影響について説明しなさい。


    ・レポートに書き写しやすいよう、実際のレポートと同じ縦横15×25マス形式で作成されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     自尊感情(セルフ・エスティーム)は「人が自分の自己概念と関連づける個人的価値および能力の感覚(感情)である」と定義されている。人が持っている自分自身についての評価的な感じ方である自尊感情は、児童期以後の自己概念の形成過程で中心的な役割を果たすと考えられている。
     自己概念は、他者からの評価や比較などによって形成される。そして認知能力の発達に伴い、外面的なものから内面的なものに移行し、その結果として自負やプライド、優越感や劣等感を持つようになる。
     やがてそれらは自己に対する価値的な感情を含む自己概念に発達していく。この自己に対する評価的な感じ方の側面が自尊感情である。
     児童期になると、他者からの評価・比較などにより自己に対する価値的な評価がはっきりと意識され始める。   
     学校や仲間達との活動の中で成功や失敗を経験し、まわりの大人や友達からの評価を受ける事により、自分の能力や技能、好みや考え方などに評価的に目を向ける様になる。そして、しだいに自己に満足や自信などの肯定的、優越的な感情を抱くもの、不満や嫌悪などの否定的・批判的な感情を抱くものがでてくる。
     次に自尊感情は小学校高学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。