教育の制度と経営2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数147
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・設問

    1学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。

    2家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。


    ・レポートに書き写しやすいよう、実際のレポートと同じ縦横15×25マス形式で作成されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①時代が進むにあたって、教育現場も様々な変化を見せている。そういった変化に伴って、教室内では、担任1人では解決困難な問題も増加しており、学級担任間のチームワークが問われている。それらは、問題行動の指導や、保護者の多様な要求への対応など、学級担任の個人的な努力だけでは容易に処理しきれない課題である。
     そういった職務の高度化・複雑化に対処するには、専門職としてのチームワークを作り、学年全体で問題解決にあたることが望ましいとされる。
     学年経営とは、学年主任を中心とし、学年で設けた教育目標の達成に向けた諸活動を計画・実施・評価する教師達の取り組みを指す。
     学級担任には、開かれた学級経営と学年経営への積極的な関わりが一層求められる様になり、その運営にあたって配慮すべき点がある。学年の教育目標の設定、学年経営計画の計画・実施・評価、学年会の運営、学級担任間の人間関係の調整、学級担任への指導・助言などが主であるまた、協力的な指導という面で、学習指導の充実化を図るには教育内容や教育方法の検討とともに、教師間の連携・協力を図る指導体制の工夫や改善も欠かすことができない。
     より質の高い授業をするに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。