教育の制度と経営1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数152
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・設問

    1日本における最近の教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。

    2各国の教育制度の中から一つ取り上げ、公教育制度の発展について教育行政と関連して論述せよ。
    (このレポートではアメリカを取り上げています)


    ・レポートに書き写しやすいよう、実際のレポートと同じ縦横15×25マス形式で作成されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①日本の教育制度の特徴は、画一的で閉鎖的であるとされてきた。
     それらは文部科学省を中心とした中央集権主義体制の為であり、均質で良質な学校教育であった。
     第16期の中央教育審議会第2次答申にて、「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」「一人一人の能力・適正に応じた教育の在り方・教育における形式的な平等の重視から個性の尊重への転換…学校間の接続の改善」とあるように、教育の平等性を重視し、その普及を図りつつ教育水準の維持・向上を目指してきた。
    子ども達が全国のどこの学校へ入学・編入しようとも、ほぼ同質の教育方法・内容を享受できる様にする為である。
     しかし現在の日本においては、教育における平等を重視し続けた為、形式的な平等に加え結果の平等までも期待した為、教育システムを画一的なものとして構築し、これを硬直的に運用するという傾向を生みだしてしまったという。また、日本の学校は管理主義的でもある。
     児童・生徒の服装・髪型・持ち物に対しての厳しい罰則は、児童・生徒の自由を奪うだけでなく、時には人権侵害にも繋がる。
     授業も、教師による一方的な講義形式であり、教科書中心の暗記型の授業が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。