【明星大学】情報リテラシーa 2単位目【合格レポート】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数135
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・設問

    1学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。

    2家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。


    ・レポートに書き写しやすいよう、実際のレポートと同じ縦横15×25マス形式で作成されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本がインターネット社会になって二十年近く経ち、その間に様々な問題が取り沙汰されてきた。ネット社会というものは、良い使い方をすれば良い結果を生むことができるし、悪い使い方をすれば悪い結果を生むことになる。それは包丁や車と同じである。
     現在日本では、一般家庭のPCでも多種多様なホームページ(サイト)へアクセスすることが可能である。
    その中には、精神的に悪影響を及ぼすサイトや、犯罪を助長するサイトも数多く存在する。例(脱法ドラッグ販売サイト等)。こういったサイトは簡単に調べられ、大人でも子どもでも簡単に回覧することができる。子どもの中には、その危険性を熟知せずに、例えば薬物を購入し中毒者となる危険性がある。
    ではどの様にしてそういったサイトからの危険を回避するのか。それには危険と思しきサイトには行かないことである。また、学校教育の段階で、ネットを利用する時点での注意点を教えることも必要である。過去の事件等を例に交えながら、いとも簡単に犯罪に巻き込まれてしまう怖さを伝えるべきである。
    しかし、こういったサイトがあることで、警察等が捜査を始めるきっかけを作ることもできる。客になりすましサイト..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。