【明星大学】理科1単位目【合格レポート】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数190
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    明星理科1単位目大学

    代表キーワード

    明星大学理科

    資料紹介

    ・設問

    1「児童・生徒が歓迎する理科の授業とはどういうものか」についてテキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。

    2理科の授業における「予想」の意義について述べよ。


    ・レポートに書き写しやすいよう、実際のレポートと同じ縦横15×25マス形式で作成されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1児童・生徒が歓迎する理科の授業には、大きく分けて二つのポイントがある。
     一つ目のポイントとしては「面白い自己紹介」と「仮説実験授業」である。面白い自己紹介をする理由は、生徒に快く受け入れて貰う為である。
     例として、テキストP12内で小原茂巳先生は、初めて学生と顔合わせをした際に、
    クイズ形式の自己紹介を出し、学生達との距離感を縮め、親しみやすさを構築することに成功している。
     これは初めての顔合わせで、互いに相手がどの様な人かがよくわからない緊張状態である為、それを解きほぐす一つの手段である。これをすることによって、場の空気が和み、学生に歓迎され、以後スムーズに授業へと移っていくことができる。
     二つ目のポイントは「仮説実験授業」を通して、生徒たちに興味を持ってもらうことである。例としてテキストP18内の問題3で、「家庭用のコンセント穴の長さは左右同じか、違うか」という問題を出題している。
    これに対して学生達は、「コンセントなんて普段から見ているし、長さが違っているわけがない」という仮説の下、80人中62人が「同じ」を選択した。
    しかし結果は「違う」が正解であり、ほとんどの学生が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。