【明星大学】道徳教育の指導法2単位目【合格レポート】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数343
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・設問

    学校5、6年生を学習者として想定し、道徳の時間に展開した学習内容を構想せよ。なお、ねらい、学習内容、評価を中心に要点をまとめること。書式は自由とする。


    ・レポートに書き写しやすいよう、実際のレポートと同じ縦横15×25マス形式で作成されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第5学年 学習指導案
    1主題名 誠実な声に耳を傾ける 1−(4)
    2資料名 手品師
    3主題設定の理由(ねらい)
    誠実さとは、他人の目のある、なしに関わらず、自分に良心があれば、自ずと答えは見えてくるものである。
    人が人と接し生きてゆく中で、相手はもちろんのこと、
    自分自身も欺いてはならない。ごまかしや言い逃れをすることなく、物事に誠に向き合うことで、誠実さは育まれて行く。
    人をごまかしたり、妬んだりすることは、やがて自分自身に返って来るものであり、また、自分と相手の心を暗く沈ませてしまう。
    社会での生活では、噓のない真実の心を持ち、様々な問題と向き合っていかなければならない。
    そこで、今回は「手品師」という資料を使い、「約束」を守るということ、破るということはどういうことかを中心に、誠実な心をしっかりと見ていきたい。
    「学習内容」
    導入の段階で、手品師の音読をする。
    次に手品師の仕事ついて考え、話し合う。
    ・手品師は何のために手品をしているのか?
    ・ギャラを貰い、生活するため?
    ・手品をして自分の腕の良さアピールするため?
    この様な質問の中で、手品師の仕事について考え、
    様々な側面を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。