【明星大学】初等理科教育法1単位目【合格レポート】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数194
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・設問

    1「これまでの理科教育の問題点(欠陥)」について、テキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。

    2「これからの理科教育はどうあるべきか」について、テキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。


    ・レポートに書き写しやすいよう、実際のレポートと同じ縦横15×25マス形式で作成されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     今日の理科の授業では、児童には教科書を持たせ、教師は自分で作成した教案に沿って授業を行うのが普通である。しかし、理科においてはこの「教科書」というものが理科にとっては頭を悩ませる問題となっている。
    教科書内の各説のはじめのところには、児童と共に実験したり観察したりすべき事項が書いてある。
    この実験・観察のところには、いきなり「こうしなさい」「ああしなさい」と書いてあり、児童自身が自分の予想をもって意欲的に実験・観察に取り組めるように配慮して書いていないのである。
    これが困る理由は、実験や観察の指示のすぐあとに、それらの実験・観察の結果や、それからどんなことがわかるか、ということまで印刷されている点である。
    つまり、今日の教科書は、実際に自分で実験や観察をしなくても、その結果がどうなるか、教科書を読んだだけでもわかるようにできているのだ。
    当然、自分たちで授業や観察をするにしても、教科書を予習してきた子どもたちは、実験や観察をする前から、その実験や観察の結果がどうなるか知っているので、あまりおもしろく感じられない。
    また、予習をせずとも教科書に噓が書いているはずが無いことは誰もが共通し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。