【明星大学】健康・スポーツ科学論2単位目【合格レポート】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数230
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【難易度の高い科目です】

    ・設問

    以下の各年代について、運動を習慣化する意義、運動を習慣化するための具体的な方法をそれぞれ述べなさい。

    ・子どもの場合
    ・働き盛りの中高年者の場合
    ・高齢者の場合


    ・レポートに書き写しやすいよう、実際のレポートと同じ縦横15×25マス形式で作成されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     いかなる人間も、身体は成長から成熟し、やがて衰えていく。子どもの頃にとっての運動は、身体面・精神面の発達に大きな影響を及ぼし、子ども達が健やかに楽しく生活を送る重要な要素となる。中高年ともなれば、身体は成長しきり、疾病や故障などが目立ってくる頃である。この時期は運動不足にもなりがちであり、日々の食生活と連動して生活習慣病などを引き起こしやすくなっている。高年齢ともなれば、身心の衰えから怪我や病気を引き起こし易くなっており、1人では歩けなくなったりすると介護を必要として生活しなければならなくなる。
    それぞれの中で運動を習慣化していくことは、日常生活の中に運動を生活の一部として取り入れていくことである。実行するにあたって、目標・ペース・現状などから無理のない計画を立てて実行することが望ましい。
    子どもの場合、運動を習慣化することで、大人になっても免疫力のある強い身体を手に入れることができる。運動には筋肉の発達だけでなく、精神的な忍耐強さ、持久力や敏捷性などの発達にも影響を及ぼす。例えば団体競技であるサッカーや野球などを経験すると、子どもはチームワークの中に自分の存在を見出していく。チーム..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。