P6701 異文化理解(西欧) A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数384
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学、P6701 異文化理解(西欧)の第1設題のレポートです。
    A判定をいただきました。

    レポート作成の参考にしていただければと思います。
    この教科は教科書の内容を正確に書き出すことが大切です。

    第一設題
    EU統合はそこに暮らす人々、ひいては世界の人々の幸福にどのような貢献を果たすと考えられるか。またそれがもつジレンマとは何か。もっとも基本的な目的と具体的な発現状況を要約して述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     EU統合はそこに暮らす人々、ひいては世界の人々の幸福にどのような貢献を果たすと考えられるか。またそれがもつジレンマとは何か。もっとも基本的な目的と具体的な発現状況を要約して述べよ。
    EU統合の目的は平和の維持・確立の要請である。歴史を遡ると、ヨーロッパでは、戦争が絶えず続いており、国内、周辺の国、遠方の国々で争ってきた。第一次世界大戦、第二次世界大戦においてもヨーロッパは主戦場であった。二度に渡る世界大戦でヨーロッパは一刻も早い復興と、再び戦争が起こることを避けるために、対立関係にあったフランスとドイツを含む欧州諸国が主権を譲り合うことを目標とした。まず、第一は戦争をなくし、域内の平和を確立することであったが、それ以外にもEU統合の目的や統合されてからの経緯について述べていく。
    ヨーロッパでは国境が消えようとしており、その統合の目的はヨーロッパにおける経済や政治の形態を変えることだけでなく、住民たちの生活形態や意識と価値観の変化をもたらすことである。国境の廃止は単なる交通の自由をもたらすだけでなく、主権、国家、国民、国籍、国語、民族、文明、文化、アイデンティティなどといった国民国家の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。