2018年対応 英文法 第2設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数415
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    P6303 英文法 第2設題のレポートです。
    A判定をいただきました。

    レポート作成の参考にしていただければと思います。
    途中の例文は自分なりに書いています。使役動詞のそれぞれの役割を正確に書くことが重要です。

    第2設題
    4種の使役動詞構文の使い分けを分類整理し、その結果が実際の使用例でどの程度確認できるかを極めなさい。分類した結果がうまくあてはまる場合と当てはまらないとも思われる例があれば、その適用範囲を見極めなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     4種の使役動詞構文の使い分けを分類整理し、その結果が実際の使用例でどの程度確認できるかを極めなさい。分類した結果がうまくあてはまる場合と当てはまらないとも思われる例があれば、その適用範囲を見極めなさい。
     使役とは、ある行為を他人に行わせることを表す言い方と定義されている。使役動詞とは「~させる」、「~してもらう」といった意味を表す。使役動詞は主に語彙的使役動詞と迂言的使役動詞に分類されるが、ここでは、「make」「get」「have」「let」の4種類の迂言的使役動詞を分類整理しながら述べていく。
     まず、makeは「make+目的語+原型」と「make+目的語+過去分詞」の2つに分けられる。makeは強制的な意味があり、「無理やり~させる」「強制的に~させる」という意味がある。
    getは、to不定詞を用いて、「get+目的語+to+原型」の文となる。このgetには、「納得させて~してもらう」という人を説得やお願いをして、納得したもらったうえで「~してもらう」という意味を持つ。
    haveは「have+目的語+原型」、「have+目的語+過去分詞」、「have+目的語+現在分詞」の3..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。