初等生活科教育法1単位目 明星大学 合格レポート 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数213
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高評価を得た合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活科の指導計画作成上の留意点を述べよ。
     生活科の指導計画を作成する際は、まず教科の基本的性格を新設の背景や趣旨も含め再確認し、その意義・目標・内容などについて理解が不可欠であり、それを踏まえた上で作成にあたる必要がある。
     生活科の目標は「具体的な活動や経験を通して、自分と身近な人々、社会及び自然とのかかわりに関心をもち、自分自身や自分の生活について考えさせるとともに、その過程において生活上必要な習慣や技能を身に付けさせ、自立への基礎を養う」ことであり、この教科の基本的性格を踏まえると、生活科の指導計画は児童・学校・家庭・地域の実態に即して作成すべきであり、そうした実態への関心や配慮を持ち続ける必要がある。その上で画一的教育活動や単に活動するだけの教科とならないよう留意しながら構想する必要がある。以下、重要な3点を示す。
     まず学習活動のまとまりを構想する際は、生活科の内容として掲げられている9項目に関連させながら、活動展開に適切な場所や施設を示したマップや、支援・協力を依頼できる地域住民のリスト、学校・地域行事の予定表などを作成・活用して構想する。また、季節や環境、遊びや工作物な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。