初等教育課程論1単位目 明星大学 合格レポート 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数255
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高評価を得た合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育課程とはどういう意味ですか、それが教師や子どもにとってなぜ重要なことと言えるのですか。
     教育課程は一般的に「経過すべき道」という意味の「カリキュラム」の訳語と解され、子どもがそれに沿って進むべき過程であり、完了しなければならない過程という意味を持つ。つまり教育課程は子どもの学習がたどるべき道筋であり、そのために必要な事柄を分類・配列したものである。しかし現実にその概念は多義的であり吟味する必要がある。以下、現代の教育課程の意味・意義及びその重要性について考察する。
     教育課程は意識的教育において重要な、教育の目標と密接に関係する。それは各学校で編成されるが、その際各学校各学年の目標分析が必要であり、教育課程はそのために必要な教育内容の選択と配列である。またその教育内容とは教育目標を具体化したもので、それを実践的に現実化すると教育方法に結びつく。それらは照応関係にあり、目標無き内容選択、内容無き目標設定は不可能であるし、内容を考慮しない方法は形骸的なものとなり、逆もまた然りである。つまり教育課程とは教育目標を具体化した教育内容の選択・配列であり、それは学習指導・生徒指導などの教育方..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。