理科2単位目  明星大学 合格レポート 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数127
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高評価を得た合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「間違えるとはどういうことか?」についてテキストから学んだことをまとめ、私見を述べよ。
     「間違える」ことは、一見すると頭が悪い証拠、恥ずかしいこと、格好悪いことというイメージを抱きがちで、「間違えないこと」が大切なことと捉えられがちである。私自身、小さい頃から間違いを犯さない優等生タイプであり、間違いに対しそのようなイメージを持っており、「間違えないようにすること」を自分の中で大切にしてきた。間違えるという失敗を犯せばそれは、「頭が悪いとみなされ、皆の前で恥をかくことになる。」と考えてしまい、自分の真の意見を述べられなかったことも多々あった。しかしそうした認識は間違いであり、間違えることの真の意義が存在する。
     その真の意義を捉えるには、なぜ間違えるのかを考える必要がある。その理由は「自分の頭で考えるから」である。つまり創造的思考を巡らせる時に間違いは起こるのである。それは「間違いを犯さない人間は、創造的思考を巡らせない」とも換言できる。創造的思考を用いずに対応できるのは、記憶した知識を吐き出したり、すでに経験していることを繰り返す場合に限られる。私はアインシュタインの「一度も失敗を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。