初等体育科教育法1単位目 明星大学 合格レポート 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数292
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高評価を得た合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校体育科の運動領域における学習内容の「技能(運動)」、「態度」、「思考・判断」それぞれについて、具体的に詳しく説明すること。さらに、これらの内容と学習指導要領に示される「生きる力」との関連についても論述すること。
     平成20年の学習指導要領で、心と体の一体化と生涯スポーツの能力育成を重視し、現在の知識基盤社会における子どもたちの「生きる力」を確実に育むべく目標・内容の一貫性が重視され、「技能的目標」「体力的目標」「社会的目標」及び「技能」「態度」「思考・判断」がより詳細に示されることとなった。以下、内容について具体的に論ずる。
    まず「技能」とは練習やトレーニングを行うことにより運動技術が身についた状態、もしくはその技術を用い運動を行うことができる個人の能力を意味する。これに対し運動技術とは、運動課題に対して合理的で無駄がない、誰もが共有できるような運動の仕方を意味する。具体的には個人が生涯を通してスポーツや運動に親しむために重要な技能の上達や獲得に必要な内容で構成され、その技術習得に必要である一般的な能力や技能関連体力、健康関連体力に関連した内容も含まれる。しかしこれらの体力の発達..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。