初等教育相談の基礎と方法2単位目 明星大学 合格レポート 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数478
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高評価を得た合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達障害のある子ども・発達障害を疑う気になる子どもの理解と教育現場における対応の方法に関して、一つの発達障害を取り上げ、問題行動の捉え方を踏まえつつ述べなさい。
     発達障害及びその疑いのある子供の理解と教育現場における対応方法に関し、ADHD(注意欠陥多動性障害)を取り上げ考察する。
     ADHD(注意欠陥多動性障害)とは、落ち着きがなかったり、長時間集中できない、言われたことが守れない、忘れ物が多いなど、年齢・発達に比べ集中力や注意力が欠けていたり、他人にちょっかいを出す、集団行動ができず勝手な言動を繰り返す、授業中に歩き回るなど、多動性や衝動性を示す行動障害である。原因として中枢神経系における何らかの機能障害が推定されているが未解明である。ADHDの子供は基本症状である注意欠陥や多動性・衝動性により、注意すべき対象に注意できないため必要な情報を獲得できず、してはいけないことやすべきことがわからなくなってしまう。また長時間の活動や反復作業、興味のないことに対して集中することができず途中で投げ出してしまう。その結果集団における生活や学習のルールが守れなくなる。つまりルールが「わからないた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。