初等教育課程論2単位目 明星大学 合格レポート 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数331
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高評価を得た合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育課程の古典的類型のうち、教科中心カリキュラムと経験中心カリキュラムのそれぞれの特徴をまとめ、併せて、「教科単元」と「経験単元」それぞれの特徴についても比較して述べてください。
     「教科中心カリキュラム」は客観主義の教育観から、科学・学問の理論体系を重視する。独立に編成された各教科・教材を中心とし、事前に選択・組織された教材を教師主導で用い、その目的は将来準備のための知識習得であることから学校固有の教育との概念を持ち、各学問において個別に分解された習慣・技能の獲得を強調したものである。また指導法改善においても各教材が重視され、教材の同質性、学習結果の同等性といった画一性が強調されるため、学習者をカリキュラムの型にはめる特徴を持つ。一方「経験中心カリキュラム」は児童中心主義の教育観から、子どもの成長や生活といった経験を重視する。学習者を中心とし、学習者主導の観点から教材の選択・組織は、学習中に学習者と共に行われ、その目的は生活改善のための知識の働きと学習者の生涯における連続的な多方面の知識発達であり、学習者の経験に則した習慣・技能の獲得を強調したものである。また指導法改善においては学習..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。