社会2単位目 明星大学 合格レポート 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数96
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高評価を得た合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会科の創設から現在までの社会科の歴史についてまとめなさい。
     終戦後、公民的資質の基礎を育成する教科として社会科が創設され、社会の影響を受けながら現在の社会科に至る。以下、その歴史について学習指導要領の変遷に着目しまとめる。
    昭和22年、26年の学習指導要領は試案の形をとり、そこで示された社会科はデューイの「為すことによって学ぶ」姿勢を有したアメリカ経験主義の影響を受けたものであった。初期社会科と呼ばれるその性格は知的側面と実践的側面を統一した問題解決学習を重視し、生活経験の中で知識・技能を獲得する経験主義的な手法を重視したものであった。だが初期社会科に対して「はいまわる経験主義」に陥る危険性の示唆や批判があり、次第に愛国心や道徳心の育成や地理・歴史的知識の意義が叫ばれるようになった。33年の学習指導要領から「告示」という形で法的拘束力を持つようになり「道徳」が特設された。社会科は国民的自覚の育成や基礎学力向上に力点が置かれ系統的な学習の重視へと変化した。道徳の特設により社会科の内容から道徳的内容が減り社会事象の羅列傾向が生まれた。高度経済成長の中で人間性の尊重が叫ばれるようになり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。