教職入門1単位目 明星大学 合格レポート 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数176
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高評価を得た合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教員養成の歴史について論述せよ。
     明治時代に近代国家が誕生し、「学制」により我が国の近代教育制度が創造された。「学区制」が採用され全国に学校が設置されたが、それに伴い学校で教職に従事する教員と、教員養成のための学校の必要性が意識されるようになり「師範学校」が創設された。教員養成機関を国の制度により設置する事実は我が国の歴史上初であり、明治政府が国民の教育を「国の責任」において行うという意思の強さが感じられる。また「給費制」「就職義務」の規定や、「徴兵免除」からもその意思が確認できる。明治19年に森有礼により「師範学校令」が制定されると、師範教育の成否が普通教育の成否を左右するという考えのもと、「順良親愛威重」の三気質の育成が教員養成における最重要課題であるとされた。だが、私費生を認めず全寮寄宿舎制度を採用し、生活全てを厳密な軍隊式で養成するものであったため画一的な養成となり、個性の発揮や自立心・応用力の育成が阻害されるといった弊害が生じた。明治30年には「師範教育令」が制定され私費生が認められ、女子師範学校も設置された。これは従来の師範教育の理念を大きく転換させるものであり、私費生を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。