教育の制度と経営2単位目 明星大学 合格レポート 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数160
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高評価を得た合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
     学級経営は学級担任を中心とした学級を単位とし、学級の学習指導・生活指導を含む人的物的条件整備に組織的・計画的に取り組む実践の総体であり、生徒の人間形成に重要な創造的実践活動である。その活動の中で一人ひとりの生徒に行き届いた教育をし、人間形成に深く関わるためには学習条件の整備向上が不可欠である。中でも学級集団の規模や在り方の改善、つまり学級編制の弾力化が重要な課題であり、近年においても弾力化に関し様々な動きがみられる。
     学級編制の基準を日本で最初に規定したのは1889年の「学級編制ニ関スル規則」であり、1学級の人数が尋常小学校では70人未満、高等小学校では60人未満とされた。1941年の「国民学校令施行規則」ではそれぞれ10人減り、戦後の学校教育法施行規則により小中学校の児童生徒数は50人以下とされた。1958年には義務教育の水準の全国的な維持向上を目的とし、「公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律」が制定され、それ以後逐次の改善計画の実施により50人から45人、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。