教育の制度と経営1単位目 明星大学 合格レポート 2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数193
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高評価を得た合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本における最近の教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
     近年、地球規模で経済やIT技術の発展が目覚ましい中、その激しい社会変動に対応できる人間を育てるべく、先進国を中心とした国々は様々な教育改革を行ってきた。日本でも同様の動きが見られ、急激な社会変動に対応して生き抜き、自分で課題を解決しながら行動できる人間育成の必要性が認識されるようになった。そのような中、1996(平成8)年に第15期中央教育審議会第一次答申「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」が発表され、「生きる力」の育成と「ゆとり」の重要性が提言された。以下に、この「生きる力」と「ゆとり」について考察する。
     「生きる力」とは全人的な資質や能力のことを指し、激しく変化する社会を生きる力のことである。具体的には、いかに社会が変化しようと自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力であり、また自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心などの豊かな人間性や、たくましく生きるための健康や体力を意味する。つまり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。