献血、血液製剤確保への課題

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数190
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    血液製剤確保への課題
     血液製剤の確保という課題において、まず私は2つの対極する考え方からアプローチする。それは、献血という制度を報酬制にするか罰則性にするかだ。尚、ボランティアという考え方は現状以上の発展の余地はないと思うので今回はこれについて意見はしない。
     まず罰則化された献血について述べる。大雑把にいえば献血に協力しない市民をしょっぴいていくというものだが、そんなアカい国的なものではなくもっとマイルドな罰則を考える。たとえば健康保険料の値上げはどうだろう。「健康で献血に支障がないにもかかわらず献血に協力しないものは10%負担増」。ほかにも刑罰としてはどうか。ただし献血を罰として扱うのは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。