教育相談①

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数105
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近代姫路大学合格レポートです!勉強の参考にどうぞ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「教育相談の開発的機能について解説し、教育現場においてどのように生かせばよいのかを具体的に述べなさい。」
    教育相談の開発的機能とは、全児童生徒対象に、あらゆる教育場面・活動で行われ、1人1人が個性を伸ばし社会性を身につけ、自己実現が出来るように指導・支援する機能である。集団の中で育つ機能も重視する。ガイダンス機能の充実させることで学校での適応や安定した人間関係、学業や進路の選択、生き方などに対して集団で行われる指導・援助の機能に役立てることができる。
    開発的教育相談を生かすには
    (1)学級のアセスメント
    児童一人一人が同じ教室で生活していても、表面的な関係しか築けていない子やもろくて崩れやすい人間関係の中で生活している子が多いと感じている。担任が児童と過ごし、日常の様子を観察しているのだが、主観的に見てしまったり、見えている部分と見えていない部分がどうしても出てしまったりする。例えば、「クラスになじめない児童」のなじめないという感覚は集団とのかかわりの中で起こってくる。しかもそれは、他人には感じることができない、その児童が感じていることである。それは外からは見えにくいものである。また..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。