発達心理学②

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数144
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近代姫路大学合格レポートです!勉強の参考にどうぞ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「発達初期における環境の役割について述べなさい。」
     人格形成に影響を及ぼす要因は、遺伝的要因と環境的要因に大別される。人格は、これらの要因が相互に影響しあい、形成されるという考え方が一般的となっている。遺伝と環境の相互作用は、発達初期においてとくに重要な意味をもつ。S.フロイトは発達初期の経験がそれ以後とは質的にも異なる意味をもち、後の人格形成に決定的な影響を与えるとしている。
     子どもは自分の取り巻く文化・社会的な環境要因から多くの働きかけを受けて成長・発達する存在である。子どもの人間形成の基礎は、家族を中心として彼らを取り巻く様々な社会集団の中で育まれる。エリクソンは、この視点に立って..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。